So-net無料ブログ作成
検索選択

熊を知るということは

熊を知るということは、片思いに似ている。
何故なら、熊を知りたいと願う人間がその人生の中で
熊そのものの姿に出くわすことは殆どないから。
普通は熊が残した痕跡からその毎日の営みを知るしかない。
それはあたかも筆跡や文面から想い人の吐息を感じ取るような
切ない、せつない思いなのだ。

それを知ったとき、私は見た事もない深い山奥の
雪あかりに照らされた夕暮れ時のグレーな空を
ひっそりと見上げる熊の横顔に想いを馳せた。

お腹がすいて、こんなんじゃ眠れない。
でももう雪が降っちゃったから、そろそろ穴に入らないと。

熊さんはそう思っているんじゃないかな。
これが恋ならば思いきって対峙するんだけど。
相手が熊となるとそういうわけにもいかない。
だって本来は出会うはずのない相手なんだから
出会ってはいけない相手なのだから。
そして人はジレンマに陥る。

http://homepage2.nifty.com/kumamori/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。