So-net無料ブログ作成

花のある暮らし

近所の産直市場はお花が豊富。
ぱちっと目が合うお花と出会えた時は、いい感じに生けられます。

今日はパリジェンヌのお花の生け方にインスパイアされ
洋っぽくマスで生けました。
これにはちょっと理由があって
このバラは3本で160円とかなりお手頃価格だったのに
何故か誰にも見向きされず
横の花びらが茶色く花もよく開いてしまっていたのです。
納品した農家さんが丹精込めたお花を撤収するのは見ていて本当に忍びないです。
「生け花としてなら枯れかけてると目立つけど、
ブーケっぽく生けたら大丈夫では?」
と思い3束全部頂きました。
これ全てで480円です。
都会のお花やさんで買ったら何倍もするのでしょう。
こういうのも、田舎暮らしのメリットのひとつ、うふ。
主人いはく「こんなのフランスの花屋で買ったら3000円くらいするよ!
こんな花が家中にあるって、すごいステイタスなことだ」と喜んでくれます。

生け花のお稽古では毎週違うお花を生けるので
特に冬場は持ちが良いため、うちでは家中に3つも4つも生け花があるのです。
もちろんそんな沢山ではなくても、たった一輪でもお花があれば十分。
鳥のさえずりを聞きながら可憐な佇まいを見つめていたら
何も要らなくなっちゃう。
本当に、幸せなひとときです。
1.JPG


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。