So-net無料ブログ作成
検索選択

大黒柱

初めてこの家にやってきた頃、夏の暑い日のことでした。
主人が「この家のリフォームをやるんだー!」とはりきっていたので
なんとなく、そっと大黒柱にそっと耳をあてて
「リフォームをすると申してますが、よろしいですか?」と
お伺いをたててみたのです。
暑い日だった上に窓を閉め切っていたので、家中むんむんしていたのに
大黒柱はひんやりとしていました。
「私は良い木材を使った立派な家なのに
 今まで誰も見向きしてくれなくて、本当に哀しかったんだよ。」
というような気持ちが伝わって来て
私まで哀しくなり何故かほとほと涙がでてきました。
家はそのとき半ば死んでいるような気がしたものです。

リフォームもほぼ終わり、この春地震と原発の事故が起こったころ
まだ身ごもって5ヶ月の我が子が心配で
本気でフランスに逃げようと思いました。
でも主人をひとり家に置いて行く訳にも…と躊躇したので
大黒柱さんにまたまたお伺いをたてました。
すると
「今主人を1人にすると、とてもがっかりするだろう。
もし私を本気で守ってくれるなら、本気でこの家に住む人を守るよ。
まあ、放射能っていうのは経験がないからちょっと自信ないけど…
やれるだけやってみるよ。それに己が子だけ助かれば良い
というものでもないだろう」という声が伝わって来たのです。
(ちなみに木造住宅コンクリートの家よりも気密性がよくないので
 そういう意味では放射能には弱い…のであります。
 この家が建った頃は原発なんてなかったものね)

それを主人に話すとたいそう喜んで
「そうだ、家を離れるのは良くないんだ!」と。
寂しがりやなのでよっぽど1人になりたくなかったのが本音だと思いますが
とにかくここに残り、家をしっかり守りながら原発に反対せねばと
決意したのです。

大黒柱とは、ときに家の主人を表す言葉でありますが
私の場合はまさに人生の選択をも示してくれるありがたい存在。
この家は絶対に魂が宿っていて、家を愛する人を守ってくれるんだと
本当に信じています。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 2

みちお

はじめまして

今となってはめずらしい

とても良い心がけですね

最後まで大黒柱を大事に見守って

あげてくださいね
by みちお (2011-07-01 13:36) 

triko

みちおさま、コメントありがとうございます。
大工さんなんですか??
私も主人も日本の大工さんをとっても尊敬してるんです。
しかもお茶がお好きなんですね〜。
うちの主人も私がお茶を習ってるので
いつか茶室を建ててあげる、と言ってくれてます(笑)。
その際はぜひ色々教えて下さい!
by triko (2011-07-04 19:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。