So-net無料ブログ作成

べんがら&柿渋 参上

先日このブログに書いたベンガラと柿渋たちが届きました。
購入したのは京都の「山中油店」さん。
品揃えとお店の佇まいが趣きあって素敵です。
さ・す・が京都!だね。
今回購入したのはベンガラ茶色と黒色&一升瓶入りの柿渋です。
(そもそもベンガラって赤しかないと思ってた)
これまで「黒さ」を出すのに試行錯誤して
薪ストーブの煤とあまに油を混ぜたりしてたのですが
木材によってはなかなか思う色が出ませんでした…。
下の写真は、主人が早速 意気揚々と
杉板に柿渋とベンガラを混ぜてテストで塗ったもの。
いい感じの黒が出ました!
もっと早くにしっておけば他の木工作品にも塗れたのに…残念。

ちなみに、この山中油店さんのHPによると桐の油というのもあるそうで。
桐の油はあまに油に比べて耐水性もよく
生の木の色に近い色が出るそうです。
これも、もっと早くしっておけば…。

というのも、うちのリビング&キッチン部分の杉のフローリングは
主人が木材を選ぶ→製材→作製→塗装まで一貫して行ったのですが
最終的に何を塗装するかでずいぶん迷ったのです。
結局リビングはあまに油、キッチンは柿渋とあまに油をぬりました。
が、あまに油は耐水性があまり宜しくなくて
水滴を放置するとシミに…。
というわけでうちでは風呂場の脱衣所でもキッチンでも
水一滴おちたら容赦なく、即「早くふいて!!!」
と言われるのであります…。
(結構しんどかったけど、もう慣れました。ふぅ)

という訳で、ぜひ桐油も試してみたい。
というかアブラギリという木を植えて、自分たちで油を作れないかな〜
なんて話してます。
%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。