So-net無料ブログ作成

暑い日の過ごし方

梅雨がはやくも明けてしまい、ちょっとビックリ。
あと2週間はなんだかんだもつかと思っていたのに…。
明けた途端に部屋の湿度が10〜20%くらい下がったので
意外と過ごしやすいです。
(主人が天気マニアなので家には二つ寒暖計と湿度計があり常時チェック)

ときに、うちのキッチン部分は天井がありません。
リフォームのときにとっぱらいました。
そのキッチンには15時くらいから19時にかけて
傾きゆく西日が容赦なく屋根瓦を照りつけ(多分目玉焼きが焼けるはず)
その熱は否応なく、下のキッチン部分にも伝わります。
というわけで朝から15時くらいまでは風がとおり
快適なリビングとキッチンも夕方からは少し暑くなります。
(扇風機なしだと汗がにじむかな? 程度ですが)

というわけでお料理する時間をかえました。
午前中に予め夕飯の下ごしらえまでしておきます。
こうすれば夕方火を使う時間をすこしでも減らせるし
温度が上がった室内での作業を減らせて
臨月の私にはとってもらくちん!
これからも毎年、夏はそうしよう。
夕方以降は座敷部分(南向き)がかなり温度も下がっているので
そのうちお膳でお夕飯を頂く、ということもしてみたいな。

太陽に合わせて生活リズムやパターンを変える。
個人レベルでまずは実践。
社会的にも夏は早めに夏休みをとるとか
始業時間を短くするとか
商店も夕方に店じまいしちゃうとか
(馬喰町の花火問屋は17時に閉まってた)
色んな暑さ対策があるはず。
季節によって毎日の表情もかわるので、それもまた楽しいですね。
ちなみにフランスで過ごした1年でサマータイムを経験しましたが
さほど混乱もなく、身体的にもしんどくなく
夜遅く20時〜21時近くまで完全に日が沈まなくて
これもまたおもしろ体験でした。

%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
我が家のキッチン部分。天井がない、とはつまりこういうこと。
これまでは低い天井がついてたんですがリフォームの際にとっぱらいました。
シーリングファンで風を作り、熱も循環させてます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。