So-net無料ブログ作成
歌舞伎 ブログトップ

七月大歌舞伎 昼の部 「夜叉ヶ池」「海神別荘」 [歌舞伎]

梅雨まだ明けやらぬ七月大歌舞伎は、泉鏡花原作の二演目。
鏡花に精通している坂東玉三郎氏みずから演出を手がけたとのこと。
あらすじは下記の如し。

「夜叉ヶ池」は、ある夫婦のもとに旅人が訪れるシーンから始まる。
この旅人は夫の昔日の友人であった。
実は夫は、かつて「一日に三度鐘をつく」という約束をして以来、
その約束が果たされなければ村一帯が、夜叉ヶ池に住む白雪姫によって
水に静められてしまうという伝説を信じ、
妻と暮らしていたのだった。
しかし、そこへ雨乞いにこの妻を生贄にしようという
おろかな村人たちが現れ、妻は結局自害してしまう。
「海神別荘」は海底に住む公使(海老蔵)の元に
越し入りした美女(玉三郎)が、今となっては自分の姿は、
人間の目にはただの蛇にしか映らないというのに
ひとめ両親に生きた姿を見せたいと言い出したがために、
引き起こされるドラマ。

歌舞伎や能はたまたクラシック音楽やオペラのように
「古典」芸術に時代性を反映させた新しい演出を見るのは
賛否両論分かれるところではないだろうか。
例えば今回の「海神別荘」では衣装ひとつとっても主役二人は着物ではない。
海老蔵が纏うマントは歩くたびに大きく翻り、
玉三郎演じる美女は肌も、長くたなびく衣のすそも
青い照明に浮かび上がり、真白の雪かと見まごうばかり。
動作にしても、舞踊や見得を切るあの歌舞伎独特の動きも少なく、
いつもなら大向さんたちの屋号を叫ぶ声が飛び交う三階席も
今回ばかりは比較的静か。
寧ろ鏡花文学で展開される言葉の巧みさ、美しさを
ライブで感じ、素直に溜息したい。

所謂「歌舞伎の醍醐味」を求める人には肩すかしだったかもしれないが、
歌舞伎とて時代性の反映は避けては通れない課題。
個人的にはむしろ、形の継承である伝統芸能の役者たちが
一人の「表現者」として舞台に立ち、
客を魅せるというエンターテイナーとしての根本と
その威風堂堂たるオーラに関心してしまい、
夏のひと時、幻想の世界へと誘われておったのでありました。

歌舞伎座 ! Look ! AM9時前の人波 安くてお薦め!歌舞伎座横の喫茶「暫」
店内には海老様のポスターも
喫茶のみの利用可

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
歌舞伎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。